ホーム > 白峯神宮 由緒 > 略年表

白峯神宮 由緒

略年表

慶応2年(1866年) 孝明天皇、当神宮御創建を幕府に命ぜられるも12月崩御。
慶応3年1月 (明治天皇御即位)
慶応4年8月18日 明治天皇、父帝の御遺志を継ぎ崇徳天皇を御祭神とする。
本宮御創建の宣命があり、社地を公卿飛鳥井家邸地とする。
慶応4年9月6日 勅使崇徳天皇の皇霊を讃岐国白峯御陵より遷奉して本宮に御鎮斎、飛鳥井家邸内社(精大明神)を地主社とする。
慶応4年9月8日 (明治に改元)お火焚祭始まる。
明治6年6月9日 官幣中社に列格。
明治6年12月24日 勅使、淳仁天皇の皇霊を淡路島の御陵より遷奉合祀。
明治11年11月15日 源為義・為朝二公を祀る「伴緒社」創建。
大正7年4月5日 皇太子殿下(昭和天皇)御参拝、松を御植樹。
昭和11年11月18日 境内拡張成る。
昭和12年11月15日 奉射神事(小笠原清道氏独創による)始まる。
昭和15年8月1日 官幣大社に昇格・白峯宮を白峯神宮と御改称。
昭和30年12月 境内北西の井戸に坐す潜龍神を創祀する。
昭和37年7月8日 七夕小町をどり始まる。
昭和39年9月21日 薪能始まる。
昭和56年5月5日 古武道演武奉納始まる。
昭和56年9月6日 献茶式が復活する。
昭和60年6月1日 小賀玉の木、京都市天然記念物に指定される。
昭和63年9月21日 御鎮座120年祭斎行。
平成13年5月26日 蹴鞠碑建立する。